4月号園便りの言葉

四月に入ってもまだ少し寒く感じる日がありましたが、先生たちは春休みの間、子供たちを温かく迎えるために一生懸命準備していました。新入園児にとっては、社会に出る大切な第一歩に、進級園児にとっては、自分の成長を自覚する機会になります。先生たちにとっては、繰り返しが多いですが、やはり毎年が違います。その年その年の通っている子供たちによって子供同士の関係と先生との関係が変わります。そして子供たちは全てを新鮮な目で見ているから、色々発見して興味を持って喜びます。ベテランの先生でも時には子供たちのことで悩みながら、その新鮮な発見や捉え方などから元気をもらって、決して飽きない仕事だと言っています。

改めまして、進級と入園、おめでとうございます。今年度も大船カトリック幼稚園に通っている子供たちとその家族が、神様に守られて豊かに祝福されますように、教職員一同は心よりお祈りしています。