top of page

2月号園だよりの言葉

今月は「ひかりの子まつり」を予定しています。おまつりの名前は、当園の合言葉である『光の子として歩みなさい(エフェソ5章8節)』からとっています。教育方針でその意味を説明しています。


「ひかりの子とは聖書の表現で、

*神様の愛に照らされていた子   *愛された子どもらしく世の中を明るく照らす子

*責任を持って正しいことを行う子 *思いやりをもって温かい心で人に接する子

*自分の才能を生かして人に役立つ子 を指しています。」


保育全体を通して「ひかりの子」として成長するよう目指しています。

 特に定期的に行っている「おにぎり献金」と1月の「世界こども助け合い献金」では、

世界中で苦しんでいる人々に目を向けられる思いやりの心を育てています。

一人でも多くの人が世界に、この思いやりの目を向けるようになったら、それだけ世界はもっと平和になります。




コメント


bottom of page